▼食道がん治療を行う病院一覧

食道がん治療を行う病院(内視鏡・放射線・外科)を検索できます。

▼食道外科専門医認定施設

日本食道学会の定めたカリキュラムに従って食道外科専門医の修練を行うことが認められた施設です。

▼食道外科専門医・食道科認定医

食道疾患の外科診療において高度かつ専門的な知識と診療技能を有し、指導的立場になり得る者と認定された資格です。

​(※日本食道学会 一般向けサイトへのリンクです。)

食道がんを告知された時、

聞いておきたい「50の質問」

食道がん経験者の方から集った質問を、食道がん経験者の方にお答えいただきました。

Information

▼【オンコロ】食道がんの治験をご紹介しています。


オンコロ様より食道がんの治験のご紹介です。詳細はこちら。↓↓↓
https://oncolo.jp/ct/esophagealcancer01/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー この治験は、ステージ2または3の食道がん患者さんを対象とした腫瘍溶解性ウイルスの治験です。 体力面等の理由から、手術や化学放射線療法が出来ない方を対象としています。 オンコロでは「治験お問い合わせ窓口」を設けておりまして、治験を探している患者さんのお手伝いをしております。 【治験お問合せ窓口】
Webサイト『オンコロ』:0120-974-268 (平日:10:00~18:30) メールアドレス:info_oncolo@3h-ct.co.jp ※ 治験お問合せ窓口について、こちらで説明しております。 https://oncolo.jp/guide 現在オンコロでご紹介している治験は、腫瘍溶解性ウイルスの治験1種類のみですが、 「治験お問い合わせ窓口」にご連絡頂きましたら、患者さんの治療状況をお伺いしたうえで、参加出来そうな治験があるかお調べ致します。ぜひご利用ください。 ※治験が見つからないことがございます。ご了承ください。




▼【オンコロ】大阪オンコロジーセミナー「食道がん」動画公開


オンコロ様が食道がんのセミナー動画を公開いたしました。 「大阪オンコロジーセミナー」(参加費無料)を毎月第2金曜日に、会場開催していましたが、今年は新型コロナウイルスのため、収録動画を公開。 講師は、慶應義塾大学病院の平田賢郎先生です。 もともと4月の会場開催予定でしたが、コロナの影響で収録は7月30日に行いましたので、最新情報が学べる内容になっています。 ●サイト: https://oncolo.jp/seminar_video/oos_28_movie ●YouTube URL: https://www.youtube.com/watch?v=vcD91nWKBac




▼2020.10.17更新【Vol.3_食道がん患者様へのアンケート】集計結果


【Vol.3_食道がん患者様へのアンケート】集計結果を公開しました。





​弊団体に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします。

SNS
  • Facebook
  • Twitter
​Blogカテゴリー
  • YouTube

食道がん罹患者の術後の後遺症の話や、その対処をどうしているかなど、自分の経験などを公開しています。動画リストはこちらから。

​お薦めサイト

​日本食道学会は、食道疾患に関する研究及び教育に関する事業、その他学会の目的を達成するために必要な事業の活動を行う特定非営利活動法人です。

がんで苦しむ人や悲しむ人をなくしたい。

日本対がん協会は、1985年から60年以上にわたり民間の立場でがん対策に取り組んでいます。

がん患者が本人の意思に基づき、治療に臨むことができるよう、患者擁護の立場から、科学的根拠に基づくあらゆる情報発信を行っています。

国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センターが、全国の多くのがんの専門家や患者・市民など、さまざまな方々の協力の下、作成しています。

患者・家族・医療従事者が無料で使える、がんの「お金」に関する制度をまとめて検索。がんと診断された方のための公的・民間医療保険制度検索サービス。

がん情報サイト「オンコロ」は治験・臨床試験を中心とする、がん医療情報を患者さん・ご家族・またがん医療に関わる方々に対し発信をしているWebサイトです。

食道外科医 古畑ケン三郎(49歳)さんのブログ。「経鼻内視鏡の普及活動にも取り組んでいます。ブログを書き続けて12年。食道〜頭頸部のことならなんでもご相談ください。」

がん治療の盲点、信頼できる治療法の選び方、現代医学と民間療法のバランスの取り方などを解説します。 ただし民間療法よりまず標準がん治療を優先すべきという立場です。

なかなか出会う機会のない慢性骨髄性白血病(CML)の患者さんとそのご家族さまが出会える場、繋がれる機会を作っているLINE@で繋がるサークルです。

がんという予期せぬライフイベントに直面した人が生活・就労を無理なく両立できる社会を目指します。自信をもってこれからの“新たな自分”を生きていく人を私たちは応援します。

「食」と「就労」をテーマに主にがんサバイバーによって結成された団体です。​食道がんサバイバーズシェアリングスの理事3名もメンバーとして参加しています。

© 2020 一般社団法人食道がんサバイバーズシェアリングス

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。