top of page

【活動報告】知って備えて学んで予防 ・正しく知ろう⾷道がんの事」を開催いたしました。

更新日:4月15日

【活動報告】


予定通り、2024年4月14日(日)に4⽉は⾷道がん啓発⽉間「知って備えて学んで予防正しく知ろう⾷道がんの事」を開催いたしました。

(共催:一般社団法人食道がんサバイバーズシェアリングス、日本食道学会、国立がん研究センター中央病院)


<第一部>日本食道学会 市民公開講座では、

①「手術後のダンピング症状、これってなんなん!?」

②「食道がん手術後の食事のお悩みあるあるとお助けヒント」

③「食道がん手術後のリハビリについて」

の講演後に、秋野暢子さんもコメンテーターとしてご参加された、

医療者による術後の診療室ロールプレイング。





<第二部>では、「笑顔で今を生きる」をテーマとした秋野暢子さんによるご講演からスタート。観客席とのやり取りあり、座ってできる体操など笑顔ありの素晴らしご講演でした。



その後は、

▼「今日から始めるがん防災」

▼「食道がんリスクと遺伝子の関係:ALDH2遺伝子多型の最新研究から」・

▼「鏡でのどをのぞいてみよう~食道がんのリスクがわかる!?」

の講演、そしてプログラムのトリは、恒例となりました「公開セカンドオピニオン」。


事前のご質問すべてに各領域の専門の先生方からお答えいただく事が出来、非常に充実した啓発イベントとなりました。


食がんリングスのボランティアの皆さまにもお手伝いをいただきありがとうございました。



多くの方々にご協力をいただき今年も開催することができました。





今後、YouTubeにてアーカイブ配信もする予定ですので、ご来場いただけなかった皆様には是非そちからご覧いただければと思います。

配信開始しましたらまたご案内いたします。


多くの方の届くよう願っています。

また来年開催できるよう、頑張ります。


ありがとうございました。


最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page