「経験者による食道がん患者のための小冊子(仮題)」を一緒につくりませんか。

「経験者による食道がん患者のための小冊子(仮題)」製作メンバーを募集します。


だいぶ時間が経ってしまいましたが、以前アンケートをさせていただきました「食道がん患者のための小冊子製作」についてですが、食道がん経験者で編集関係について2名の方から興味ありとのお声をいただく事ができました。


この小冊子は、既存の「食道がんとは」「食道がんの治療」など「これから治療に向かう方々」のために医療側から発信されるものではなく、治療後にどんな後遺症が起こり、経験者がどのように対処しているのか、対処できていないのか、想定外にどんなことを経験したのか、どういうサポートが必要なのか、など経験者による声を集め、私たしたち食道がん患者のQOLを維持していくための知恵を持ち寄り、生活のお供にしてもらおうとするものです。


「こういう冊子があると助かる」という経験者が作る1冊にしていきたいと思っております。


経験者主導による製作ではありますが、医療的な間違いなど監修していただくために、多くの食道がん患者さん・ご家族のために「食道がん患者教室」を主導されてこられた国立がん研究センター東病院 食道外科 診療科長 藤田武郎先生にアドバイザーをご快諾いただきました。


食道がん経験者及びご家族の方の目線も必要です。

この小冊子構築に興味のある方、ご連絡をお待ちしております。


詳しくはこちらから