「経験者による食道がん患者のための小冊子(仮題)」を一緒につくりませんか。

この小冊子は、既存の「食道がんとは」「食道がんの治療」など「これから治療に向かう方々」のために医療側から発信されるものではなく、治療後にどんな後遺症が起こり、経験者がどのように対処しているのか、対処できていないのか、想定外にどんなことを経験したのか、どういうサポートが必要なのか、など経験者による声を集め、わたしたち食道がん患者のQOLを維持していくための知恵を持ち寄り、生活のお供にしてもらおうとするものです。

 

「こういう冊子があると助かる」という経験者が作る1冊にしていきたいと思っております。

 

経験者主導による製作ではありますが、医療的な間違いなど監修していただくために、多くの食道がん患者さん・ご家族のために「食道がん患者教室」を主導されてこられた国立がん研究センター東病院 食道外科 診療科長 藤田武郎先生にアドバイザーをご快諾いただきました。

 

食道がん経験者及びご家族の方の目線も必要です。

この小冊子構築に興味のある方、ご連絡をお待ちしております。

​2022年6月11日
一般社団法人 食道がんサバイバーズシェアリングス
​代表理事 髙木健二郎

【応募要項】

▼募集人数:適宜

▼参加条件:食道がん経験者及びご家族

・年齢、治療方法、進行病期等は特に問いません。

​・万が一応募者が多かった場合は、ご年齢、性別、治療方法などバランスを取らせていただき

ますいただきます。

 

​▼参加形態:ボランティア

 

▼参加頻度:月に2~3回程度の打ち合わせを考えています。(ZOOなどのリモート)

・体調を優先していただきますので、毎回の参加は必須ではありません。

▼企画制作:ゼロベースからの制作になります。どんな構成にしていくのかなど、チーム皆で考えていきます。

▼製作部数:2,000~3,000部程度

▼配布方法:希望患者、必要な医療機関などへ無料配布及びPDF配布(想定)

▼製作予算:30万~50万(想定)※これから確保に向けて頑張ります。(汗)

※協賛スポンサー随時募集いたしております。

▼企画倒れ:諸条件を満たさない場合、残念ながら可能性はあります。

▼製作チームへご参加いただいた場合、小冊子へお名前をクレジットさせていただきます。

【ご応募】

​下記Googleフォームよりお願いいたします。メールアドレスの間違いにお気をつけください。