• 髙木健二郎 一般社団法人 食道がんサバイバーズシェアリングス

PALプログラムで優秀賞

先日、ハイブリッド方式(現地/国立京都国際会館、ザ・プリンス 京都宝ヶ池(旧・グランドプリンスホテル京都/およびオンデマンド方式の併用)にて開催され、(一社)食道がんサバイバーズシェアリングス代表として参加しました、第58回日本癌治療学会学術集会(10/22~24)のPALプログラム(がん患者・支援者プログラム)において、参加したポスターセッションで、応募したポスター抄録が【優秀賞】(最優秀賞1、優秀賞2)を、開催日に事前収録されたプレゼン動画公開後、当日Liveで行われたWeb投票で【オーディエンス賞】(各日1)を受賞いたしました。


当団体の活動の一環としてご報告させていただきます。


後日、日本癌治療学会ホームページでも公開される予定ですので改めましてご案内申し上げます。


▼ポスタータイトル 【食道がん経験者による情報発信Webサイト「食がんリングス」誕生 <食道がんを告知された時、経験者に聞いておきたい「50」の質問> と題したコンテンツはどう受け止められるのか。】

© 2020 一般社団法人食道がんサバイバーズシェアリングス

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。