top of page

8月26日、交流会in大阪を開催いたしました。

【活動報告】


昨日、食がんリングス設立以来、初めて弊団体が主催してのリアル患者交流会を大阪のブリーゼプラザにて開催いたしました。


18名の患者・家族の皆さんにご参加いただく事ができました。


自分の事を、気持ちを、同じ食道がんの方に「話ができる事」「話を聞いてもらえる事」「誰かの話を聞けること」がいかに大切か、真剣に参加されている皆さんを通して痛切に感じました。


自己紹介も皆さん照れがあり直ぐに終わってしまうのではないかと思いましたが、本当にみなさん今のお気持ちを素直にお話しいただき、気が付けば90分も経っていました。


後半は円形シフトのフリートークで質問など皆さんで出し合っていただき、14時~17時まであっという間の3時間で、至らない点も多々あったかと思いますが、参加者の皆様のご協力で無事に開催することができました。


これだけの熱量で、皆さん本当に同じ食道がんの患者同士、対面での交流、情報交換が必要な事、そしてそれが生きる活力になるのではないかという事。


しかしその反面、そういった同じ思いを持っているのに交流の場が無く参加できないという方が全国にたくさんいらっしゃるのだろうという事にも気づかされました。


それをこれからどう繋がっていくか、大きな課題となりました。


あぁ日本全国、あまりにも広すぎる、、、。 みなさん一緒に頑張りましょう。









最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page